台湾旅行にいってきました~(*‘∀‘)

どーも津嘉山です♪

5年ぶりで2回目の台湾に

行ってきました~(*^^*)

今回は母とふたり旅です!

 

やっぱり台湾の人は優しい人ばかりで

道に迷ってたらイヤな顔ひとつせず

笑顔で丁寧に対応してくれます。

 

10人ぐらいに道きいて

10人とも笑顔ってスゴイ!

そう思いませんか??

ってどんだけ迷子になってるの~

という話なんですけどねw

海外なので右も左もわかりません!

そうゆう時に助けてくれる人って

ステキですし、「助けてあげれる人に

私もなりたい」とそう思わせてくれます。

 

これから台湾に行かれる方のために

すこしでも参考になれたらいいな♪と

経験した、まめ知識を残しま~す(^^)

 

 

〇両替

レートは当日に「台湾ドル」と検索して

調べてみてください。

私は台湾1元=4円(日本円)で計算して

買い物していました。

ここ数年、徐々に台湾の物価は値上がりしていて

飲食店、食料品、スーパーマーケット、観光入場料

交通費、お土産などほぼすべて値上がりしています。

なので5年前に訪れた時とは

お得な買い物をした実感は薄かったです。

 

レートは空港での両替がお得。

手数料があるのでグループなら

まとめて両替するのがお得。

ですがツアー会社によっては

手数料も無料な免税店を案内されることも

あります。

入国審査と両替で2時間ほどかかったので

ツアー予定の方は置いていかれないように

注意です⚠

手荷物をとってゲート前の両替機は

混んでるのでゲートから出て

両替機を探した方がよい。

 

〇Wi-Fi

無料のitaiwannも空港で登録したら使えるけど

実際つかった人の口コミでは

良くない評価があったので

シムかWi-Fiをレンタルした方が安心♪

kkdayで事前予約が安いです。

     kkdayの詳細はこちらから

私は事前予約を忘れてしまったので

予約なしで当日Wi-Fiを空港でレンタルしました。

4日間レンタルで日本円で2800円ぐらいでした。

空港で当日Wi-Fiレンタルの方はこの「游客邦」という

場所で手続きしてください。

クレジットカードとパスポートが必要です。

 

〇交通状況

車は左ハンドルの右車線です。

バイク天国です。小さなこどもを抱っこしたまま

バイクの後部座席にのる女性の方、

ノーヘルでした(;’∀’)見ててヒヤヒヤしました。

信号が青→赤になるまでに数字の

カウントダウンがあるためか

みなさん急いでいる気がします。

歩行者優先ではないです。

タクシーの運転手の前の車との

車間距離の狭さと運転のあらさには

じょじょに慣れてきますw

タクシーの料金は70元(日本円約280)から

スタートなので安いです。

そしてタクシーのドアは手動でなので

自分で乗り降りも開け閉めしてください。

仇分のタクシーはメーターがなく

基本ぼったくりなので「山賊」と

言われているとか。

バスをつかって下さい。

 

事故が多いので

基本的に車にはドライブレコーダーが

付いています。

「なぜ日本には付けてない車があるの?」と

不思議そうに聞かれましたよ(;’∀’)

 

〇電車

電車にのるときに便利なのが

「悠遊カード」です!

空港台北地下鉄(MRT)台湾鉄道

バスコンビニスーパーマーケットなどで

支払いができる便利な交通カードです。

カードに残った金額を払い戻すと

そのカードが使えなくなるため、

使いきれる金額をチャージしましょう。

 

空港での台湾ドル→日本円に両替は

日本円の紙幣1000円単位でしか両替できません。

端数は台湾元で返却されます。

再両替には手数料がかかります。

空港で再両替する場合は、100元の手数料がかかります。

1元=4円計算だと
100元は約400円になります。結構高いですよね。

初めに両替するときの手数料は30元(約120円)なので、

再両替するほうが高くつきますね。

ですので、残ったお金が小銭なら、

再両替よりも使い切るか

端数で戻った台湾ドルは悠遊カードに

チャージして次の台湾旅行のために

保管しておきましょう~♪

 

〇水

水道水は飲めません。

お腹をこわしますのでミネラルウォーターを

購入した方がいいです。

夜市で売られているフルーツジュースは水道水で

作られている可能性があるので飲まない方が◎

台湾では水よりビールの方が安いです。

 

売られているペットボトルの水の中には、

水道水をろ過しただけのものもあるため

注意が必要です。

ミネラルウォーターかどうかの見分けるポイントは、

ペットボトルの「ラベル部分」を見ること。

中国語で「自來水」と書かれているものは

「水道水」という意味ですので、

なるべく買わないようにするのがおすすめです。

 

お店に入って飲食をしても

無料でお茶をだすお店や

飲み物がまったくでないお店も

ありますので、カバンの中には

いつでもペットボトルのお水を用意していました。

〇治安

なにもコワい思いイヤな思いはした事ないです。

夜市・観光地はスリが多いそうなので

気をつけてください。

     治安についてはこちら

 

 

〇持っていって便利だったもの

1.エコバック

どこで買い物をしても

ビニールは有料です。

夜市ではビニールがないところも。

 

2.ウエットティッシュ・ポケットティッシュ

夜市でたべて手が汚れたときは

ウエットティッシュ便利でした。

千と千尋で有名な「仇分」と

ランタンの名所の「十分」の

トイレはティッシュなかったです。

ちなみに「トイレ」という

言葉は通じませんので

事前調べをした方がいいです!

私は恥ずかしながらジェスチャーと

トイレという言葉をつき通して

場所を聞いていましたw

 

3.ジップロック

食事付きのツアーだと

夕食後にいく夜市での

グルメがお腹いっぱいで

食べたいけど、はいらない。。。

というときにジップロックに

いれてテイクアウトしました。

 

4.パスポートケース

パスポートだけではなく、

お金や、ペン、カード、航空券、スマホなど

全てが入るケースはホントに便利で

買ってよかったです。

かばんの中にいれる収納として

バックインバッグにも出来ますが

私は長い肩ひもつけてショルダーバックとして

持ちました。

 

5.傘

雨の日が多いと言われる「仇分」観光には

持って行った方が◎

 

〇お土産

たくさんのお土産を買って帰ると

思いますが、日本へは肉類・種のついた

果物は持って行ってはいけません。

インスタントラーメンも肉類が入っている

可能性があるので買わない方が◎

液体のお土産はスーツケースでの

持ち込みのみです。

重たくなるので重量に注意です⚠

私は重量オーバーしましたw

各航空会社のホームページで

必ずチェックするようにしてください。

重量オーバーしたら機内持ち込みで

手で持って移動します。移動距離もあり、

かなり重たくて泣きそうでしたw

機内持ち込みは2個までです!

なのでたくさんのお土産をお考えの方は

大きめのお土産用のバッグを

スーツケースのほかに

2つは持っていく事をおススメします。

 

いかがでしたか?

台湾通の方は知っていること

ばかりだったと思いますが

長い説明文をお読みいただき

ありがとうございますm(_ _)m

参考になれば幸いです。

 

台湾の方は

身長が高くてスリムな人ばかりです!

理由を聞くと「お茶」のおかげだとか!?

 

なのでラクレでは

ご来店いただいたお客様に

台湾茶をお出ししております。

日替わりなのでお茶の種類は選べません。

なくなりしだい終了となります。

 

大好きな台湾の味をおすそわけ

させてください~( *´艸`)♡

 

 

 

Follow me!