『なぞの画家』小林かいち作品展示しています

4月から新年度のスタートです

ラクレの新年度は店内に飾っている作品

仲間が増えました。

 

大正~昭和初期に京都の「さくら井屋」で絵はがきと絵封筒のデザインを手がけた

小林かいちの作品になります。

2004年に
「ボストン美術館所蔵 ローダー・コレクション」が開催されると
小林かいちの作品が注目を浴び
2008年までは「謎の画家」といわれた方です。

詳しくはこちら

 

大正後期から昭和初期に

京都の「さくら井屋」で売り出された

木版絵はがき絵封筒をデザインし

ピンクやブルーのグラデーション

赤と黒の対比の色彩の中に

大正ロマンを感じさせる

アールデコ・スタイル作品

再評価されています。

 

なかなか沖縄では

お目にかかれない作品ですので

ご興味のある方は是非ご覧ください✨

 

また作品も約800枚ありますので

今後、順次展示していく予定ですので

お楽しみにしていて下さい♪

 

 

Follow me!